So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『Kobaryo - MIXPEED ACTION』解説的な何か [音楽]




お久しぶりです。

最近暑いですね。
私はエアコンの効いた部屋から出ることができません。

これが脱出ゲームだったら外が涼しくなるまで待たないと脱出できないという
たけしの挑戦状さながらの理不尽ゲーです。この世は理不尽。


さて、今回は先日リリースされました私の3rdアルバム
MIXPEED ACTION」の解説的なやつを書きます。

この部分を書き始めた頃は「先日」だったのですが、
なかなか書く時間が確保できずに先延ばしにした結果リリースから2ヶ月以上経ってしまいました。反省。

上の部分を書き始めた頃は「2ヶ月」だったのですが、
なかなか書く時間が確保できずに先延ばしにした結果リリースから3ヶ月以上経ってしまいました。猛省。

◆コンセプト

「スピードコアにクラブミュージックを混ぜて踊れる部分を多めにしよう!」
そもそもテンポの速い曲だとビートに合わせて踊れないし、
速すぎる曲はついて行くことすら不可能です。身体を機械にするしかない。

というわけで全体を通して遅めの部分を普段より多めにしました。
かといって大人しい曲が多いというわけでもありません。
前回はポップで明るい曲が多めでしたが、今回はエモーショナルな楽曲が多くなりました。

◆デザイン

今回のイラストはあきまさんにお願いしました。
スピードコアと他のジャンルが両立したアルバムということで、
「都会と廃墟」「黒色と虹色」等混ざり合う事の無い物が併存している的なテーマになっております。

Db2L7pJVMAA5jKk.jpg
(現物の写真です。素敵。)

デザインは窓壁九真好キさんにお願いしました。ぶっちゃけ私なんですけど。
過去作は暗かったりギラギラだったりしたのですが、今回は淡く爽やかな感じに統一させました。
ちなみに動画とWebデザインも窓壁九真好キさんにお願いしました。ぶっちゃけ私なんですけど。


◆トラック

XFDはコチラです。

既に入手している方はCDを聞きながら、
持っていない方はXFDを聞きながらテキトーに読んでください。

01. Delete The World
幻想的なパートとイケイケなパートが交互に流れます。
このアルバムはこういう感じだよ~ってのを表現しているつもりです。
ちなみにヘッドホンで聴くとノイズやFXがバイノーラル風になっております。
「ヘッドホンで」って時点でクラブミュージックであることを半ば放棄しているような気がしますが、
気にしないでください。

02. Villain Virus [feat. かめりあ]
かめりあさんとの合作です。
チップチューンでワクワクなイントロから始まりますが、その後はたちまち不穏な空気が漂います。
全体的に速くて強めです。
私が全体のスケッチを作って渡した後、暴れていたらいつの間にか完成していました。
実は使用しているDAWがお互いREAPERなので、同盟を組もうと思います。

03. Blackbird
オーケストラとドラムンベースとスピードコアが混ざっています。
要素自体は前作に収録されている「Theme for Psychopath Justice」と近いですが、
曲調は全然違う物になっております。
アイディア自体は割と前から構想していたのですが、ようやく形にすることが出来ました。

04. My Music Playlist
カオティックスピードコアです。カオス!
様々な音を載せたトラックが横転事故を起こすとこの曲が出来ます。嘘です。
前半が無秩序すぎたので後半をエモーショナルな感じにして整合性を取りました。
と書いてみたものの果たして本当に整合性が取れているのかは謎です。カオス!

05. Galaxy Friends
HARDCORE TANO*C - HARDCORE SYNDROME Xに収録されている楽曲の再録です。
こちらもカオティックスピードコアです。展開が多い。
特に弄った所はありませんが、私のギリギリなマスタリングにより、ギリギリな音になっております。

06. Sulyvahn [feat. USAO]
USAOさんとの合作です。
展開毎にお互いの音が入れ替わったり混ざったりしています。
お互い(多分)細かい所も納得行くまで一生詰めてしまうタイプなので、思いの外時間が掛かりました。
曲名は二人で議論した結果、二刀流感があったのでSulyvahnになりました。

07. Volatile Memory [feat. DJ Genki]
DJ Genkiさんとの合作です。
前半は完全にギターサイケで、後半は完全にスピードコアです。
私は下回りと一部ウワモノ等を担当し、
元気さんはギターと一部ウワモノ、メインのリフ等を担当しています。
合作するに当たり曲調やジャンルをどういう感じにするか話し合った結果、
一瞬で「サイケがいいね~」って話になったのでギターサイケになりました。

08. Speed Complexxx [feat. Srezcat]
Massive CircleZ - ABSOLUTEに収録されている
「Speed Complex」の再Edit版です。
シンセやガバキックを最新のものに差し替え、展開もライブでよく使っていたバージョンに合わせました。
私がよくやる「後半で破壊するやつ」の先駆けとなった曲です。

09. HUG AND KILL
ゲームBGM風な楽曲です。
かつて仲間だった宿敵との熱い戦いをイメージしたとかしていないとか。
曲名の元ネタはxoxoです。ギターはそこまで難しく無いので私が弾きました。

10. Chocolate Lily
Djentとスピードコアを混ぜました。
最近BPM500を超える楽曲がご無沙汰だった反動なのかわかりませんが、
スピードコア部分は久々にBPM1000超えです。
実はギターはそこそこ難しかったのでblaxervantさんが担当しております。
クレジットには記載していませんが。

11. Eternal Ending
HARDCORE TANO*C - HARDCORE SYNDROME 11に収録されている楽曲の再録です。
こちらもGalaxy Friends同様、私のギリギリなマスタリングによりギリギリな音になっております。
エモーショナルです。

12. Recollection
ピアノがメインの儚げなスピードコアです。
後半はアルバム収録楽曲のリフをメドレー形式で引用しています*1。エンディング感がある。気がする。

13. Tool-Assisted Speedcore (TQBF Frame Advance RMX)
Psycho Filth Records - THE PSYCHO BLAST Vol.1に収録されている
「Tool-Assisted Speedcore」のThe Quick Brown Foxさんによるリミックスです。
スピードコアに置いて影響を受けた方なので、
前から何かしらお願いしたいなーと思っていたのですが今回ようやく実現できました。
オリジナルパートが追加されてよりハードかつエモーショナルになっております。

14. Eternal Ending (kyou1110 Remix)
「Eternal Ending」のkyou1110さんによるリミックスです。
BPMはそのままに、複雑に刻まれたビートと声ネタでとても激しく勢いのあるリミックスになっております。

15. Galaxy Friends (tpz Overheat Remix)
「Galaxy Friends」のt+pazoliteさんによるリミックスです。
ただでさえ展開の多い原曲ですが、BPM変化箇所が増えてより一層カオスになっております。
本人から「この曲リミックスするのすごい大変!」的な事を言われましたが、
!!!カオスタイム!!!をリミックスした時に同じことを思ったのでこれでおあいこです。すみませんでした。

16. SEITEN NO TERIYAKI NO DENSETSU
CD版限定のボーナストラックとなります。つまりDL版には収録されていないので要注意。
SEITEN NO TERIYAKIのロングエディットです。伝説です。ゼルダでもワルキューレでもありません。
前半は原曲の部分を使用し、後半は前半のリフやコードをそのままにアレンジを変化させました。

以上です。予想通り長くなってしまいました。
持ってない方は委託やDL販売もあるので何卒よろしくお願いします。

では今回はこのへんで。

MIXPEED ACTION
MIXPEED ACTION

*1 ^Speed Complexxx→HUG AND KILL→Blackbird→Delete The World→My Music Playlist→
 Galaxy Friends→Eternal Endingの順で使われています。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。