So-net無料ブログ作成
検索選択

『Kobaryo - Candy Speed Pops』解説的な何か [音楽]




先日はタノシーお疲れ様でした。
お越し頂いた方々ありがとうございました。

実は本番の2日前辺りから体調を崩し、色々と大変なことになっていましたが、
気合でなんとかなりました。今回こそなんとかならなそうだったのですが、なんとかなりました。
前回の記事を書いた次の日ですね。回収が早すぎます。

さて、今回は冬コミにてリリースされました私の2ndアルバム
Candy Speed Pops」の解説的なやつを書きます。

◆コンセプト

「ポップで明るいスピードコアを作ろう!」
普段陰鬱な曲ばかり作っていた為、このままでは性格まで陰鬱になってしまうのでは…と思ったので、
今回はポップさを重視してみました。さらに、前作同様スピードコアに何かしらを混ぜました。
これは最早クラブミュージックではありません。

デザイン

今回のイラストはまがたさんにお願いしました。
ゴチャゴチャしてて原色ギラギラな感じに~と依頼した結果、
良い感じにゴチャゴチャしてて原色ギラギラなイラストをいただきました。
ファイル 2016-01-15 7 08 37.jpg
(現物の写真です。良い感じにゴチャゴチャしてて原色ギラギラです。)

デザインは窓壁九真好キさんにお願いしました。ぶっちゃけ私なんですけど。
さり気なく4Pになっており、開くと歌詞が載っています。盤面はAA風です。一度やってみたかったのです。
ちなみに動画とWebデザインも窓壁九真好キさんにお願いしました。ぶっちゃけ私なんですけど。
ファイル 2016-01-15 7 08 52_.jpg
(盤面の写真です。実は人力*1です。)

トラック

XFDはコチラです。

既に入手している方はCDを聞きながら、
持っていない方はXFDを聞きながらテキトーに読んでください。

01. Cross The Finish Line [feat. ななひら]
ななひらさんをボーカルに迎えた、ポップなスピードコアです。
ボーカル入りのスピードコアは何度か作った事がありましたが*2、完全な歌モノは初になります。
キュートな歌声と頭の悪いガバキックが合わさった、今作のコンセプトを象徴する楽曲となっています。
歌詞は大体の方が思っているであろう事をそのまま詰め込みました。
どちらかと言うと言葉遊びの側面が強いです。

02. Transceiver FX
1曲目から繋がるように始まります*3。色んなキックが出てきます。
そしてよくわからない声やギターが入っています。曲名の由来は某漫画に出てくる単語です。

03. Cartoon Candy
タイトルの通り、カートゥーン系の効果音をサンプリングした楽曲です。
最初はスピードコアとPSB*4のハイブリッドな曲を目指していたのですが無理でした。
中盤でトランスになったりテンポを落としたりしています。カオスです。

04. Dotabata Animation [feat. t+pazolite]
パニキことt+pazoliteさんとの合作です。
「あっこれt+pazoliteさんのメロだ!」と思われた方が多いでしょうが、その通りです。
お互いのポップな部分を合わせるとこうなります。
今回はまずパニキにいくつかリフを作ってもらい、そこから私が全体の展開と構成を組んでみました。

05. Milky Factory
HARDCORE TANO*C - HARDCORE SYNDROME 9に収録されている楽曲の再録です。
当時の記事からの引用ですがスピードコアにPSBとEDMとATB*5を混ぜたような曲です。展開が多い。
特に弄った所はありませんが、私のギリギリなマスタリングにより、ギリギリな音になっております。

06. Night of Core
Nightcore風な楽曲です。Nightcoreって何なん?という人は調べてみてください*6
この曲は全トラックを一度バウンスし、
1.15倍速にしてからミキシングするという手法で作りました。

07. Naughtyyy & Anarchyyy
HARDCORE TANO*C - Bright Colors 2に収録されている「Naughty & Anarchy」の再Edit版です。
展開はそのまま、シンセやガバキックを最新のものに差し替えました。
微妙に楽器構成も変えてます。微妙に。

08. New Game Plus (Love Plus rmx)
Psycho Filth Records - 700 OVER!!に収録されている
「New Game Plus」のkyou1110さんによるリミックスです。
kyou1110さんらしさ全開の高速ブレイクコアです。
原曲のほのぼのとしたリフの上に細切りブレイクビーツと声ネタが乗ってます。
中盤の激しい所がとても激しくて激しいです。

09. Magical Sanctuary
HARDCORE TANO*C - SPEED BALL EVOLUTIONに収録されている楽曲の再録です。
こちらもMilky Factory同様、私のギリギリなマスタリングによりギリギリな音になっております。
当初は全部の音をメジャースケールの物に差し替えようとしていたのですが、
RoughSketchさんが代わりに明るいリミックスを作ってくれた為、
そのまま収録することにしました。なんという偶然。

10. caramel machinegun [feat. kamome sano]
kamome sanoさんとの合作です。
kamome sanoさんによるジャージーな要素を私がガバキックでぶち壊しにしています。
中盤から唐突にダブステップが入ってきます。カオスです。
割と方向性が違う(と思われる)同士での合作でしたが、
何か意外とすんなり出来る気がしていました。本当にすんなり出来ました。

11. Magical Sanctuary (RoughSketch Remix)
Magical SanctuaryのRoughSketchさんによるリミックスです。
先述した通り、リフが明るくなっています。
原曲の地獄みたいな雰囲気を微塵も感じさせず、むしろ楽園のような雰囲気になっています。
そしていかつい高速ガバキックが人々を襲います。

12. Affiliate Requiem
Psycho Filth Records - THE PSYCHO FILTH vol10 -Zilch Zenith-に収録されている楽曲の再録です。
微妙に展開が多い曲です。こちらも特に弄った所はありませんが、私の以下略。
何故こんなタイトルにしたのか覚えていません。恐らく特に意味は無いでしょう。

13. Kick To The Sky (撲殺少女工房 Speedchip Remix)
Psycho Filth Records - ブチアゲスピードコア 2に収録されている
「Kick To The Sky」の撲殺少女工房さんによるリミックスです。
最初の音を聞いただけで撲殺少女工房さんだとわかるチップチューン×スピードコアです。
中盤の激しい所がかなり激しくて激しいです。先程似たような事を言った気がします。

14. Theme for Psychopath Justice
オーケストラとスピードコアを混ぜました。途中ニューロになったりしていますね。
後半は高速メロディと高速ガバキックでえらいことに。新曲の中では唯一暗い雰囲気になっております。
前回の記事で書いた通り、今回の冬コミでは明るい曲を沢山作りました*7
この曲はその反動で出来た物です。やたら速いキックも当時の精神状態の表れです。

15. northern_limit [feat. せんざい]
せんざいさんをボーカルに迎えた、不思議な雰囲気のスピードコアです。
浮遊感のあるサウンドに、時折高速ガバキックが入ってきます。緩急差がすごい。
大分前から構想だけが頭の中にあったのですが、今回ようやく形に出来ました。
こちらは歌詞もせんざいさんが担当しております。

以上です。予想通り長くなってしまいました。
持ってない方は委託もあるので何卒よろしくお願いします。
では今回はこのへんで。

Candy Speed Pops

*1 ^単色化&モザイク化した元絵を下のレイヤーに薄く表示させ、その上に頑張って打ち込みました。


*2 ^前作に収録されている"Kumo No Kireme", "PFi(3+n)YO"とかですね。


*3 ^ちなみに今作も全体の曲間は短めになっていますが、
 個人的にアルバムは全曲通して1つの作品と考えている為、意図的に短くしています。


*4 ^Plus-Tech Squeeze Boxというユニットの事です。私のカットアップはこの人達の影響が強いです。


*5 ^After The Burialというバンドの事です。


*6 ^一昔前に流行ったCaramelldansenとかああいう感じのやつです。


*7 ^数えてみた所、この冬だけで10曲作っていました。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。